読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンコマスターの初心者から中級者向けの攻略話。

 読んで字のごとくです。
 このゲームにおいてナジャさんがかわいいということよりも大事なことなんてあるのかしらとは思いますが、攻略の基礎部分に関して、なるべく簡便に、このへん意識してるとコマスターがただの運ゲーでなく、戦略次第で十分勝率は変わってくるようになるんじゃないかなー。なるんじゃないかなーという気がする覚え書きみたいなもんを垂れ流していきます。


気長にやろうぜ。

 最初に言うことかなコレ。まあ最初にいうことかな……。
 今んとこコマスターというゲームの明確な欠点はコレでしょう。とにもかくにもフィギュアもプレートも集めづらい。

 手駒が増えると戦略の幅や対策も立てやすくなり、運以外での勝負も通用しやすくなりこのゲームががぜん面白くなってくる……んだけど、そこまでがちょっと遠い。
 ガチャを回せば即強くなれるかというとそうでもないのがまた問題に拍車をかけてる感じではあるものの、課金額が即勝率に跳ね返ってくるようなゲームとどっちがマシかと問われたらば……現状もやむなし?

 ま。サービス稼働まもないことだし、地道に気長に。
 周回そのものはカルロ任せでAIをぺちぺち連打しつつアニメでもみてればなんとかなったりならなかったりするので。


 せっかちなひとはプラスパワーはとっとと購入してしまうという手も。それだけ重要かつ基本のプレート。
 後で余って後悔する覚悟も必要だけど、早めに入手できていればそれだけこのゲームのコツを掴むのにも役立つかもしれない。
 ちなんで、最速でドロップ入手できるタイミングはナジャさんとの対決(2-15)なので、そこまでたどり着いたらプラスパワーをくれるまでスタミナの全てをナジャさんに捧げ続けるのもいい。
(3-3まで進めばベイリーフとプラスパワーの両方を狙えるんでそっちのがオススメだけども)


自分から攻撃を仕掛けることそのものが悪手?

 これは図解で。
 とおせんぼをしてゴールの道筋を塞ぐゲームにおいて、自ら盤上からコマを取り除き、相手に手番を渡す……ということがどれだけヤバいことかという話。
 f:id:tehihi:20160422220134j:plainf:id:tehihi:20160422220133j:plainf:id:tehihi:20160422220132j:plain


タイプ相性はないけどポケモン同士の相性はある。

 攻撃力もそれらの出目の確率も全て明示されているゲームなので、そのへんしっかり吟味すれば分のいい賭けを選んで目を張っていけるはず(はず)。

 だから盤上でぶつける相手の目処を立てておくのが戦略の基礎。まあランクマッチだとあんまり時間かけてるとあっというまに時間切れなんだけどー。


ひとには勝負しなければならないときがある。

 例えばナジャさんが「なんだか今宵は、一人でいるには寂しい夜じゃのう……そうは思わんか……?」とかささやきかけて来たときとかですかね。

 コマスターは基本的に攻撃を仕掛けるのはリスキーなゲームだけど、待ちの一手ばかりでは有利な戦況を形作られてあっというまに追い込まれてしまいがち。
 だからこそ先手を打って出る。自らリスクを選択する、ということは、数あるリスクの中から有利なリスクを自ずから選択できるということ(ビジネス書っぽい言い回しだな。
 もしかするとコマスターでは、バトルに勝つ公算を立てることよりも、バトルで負けた場合のリスクをコントロールすることの方が重要なのかも。そうでもないかも。

 ともあれコマスターには意外と「自分から仕掛けたバトルで負けてもなんとかなる状況」てのが多かったりする。
 例としては以下。

後ろを他のポケモンで埋めてから殴る。

 基本。可能なら、後ろのコマが相手に有利とれるようなコマだとなおいいっスね。
 特に、お互いコマを出し合っている序盤だとやりやすい。

MP2やMP1とかの、動かれてもまだ大丈夫そうなやつを殴る。

 負けた後の盤面の動きを考えてみて、大丈夫そうなやつを殴る。
 エントリーポイントからもう一匹出すのが間に合う、正面は他ポケモンが塞いでくれてるんで大丈夫……などなど。
 気をつけてみているとそういうシーンは少なくないはず。


f:id:tehihi:20160429223749j:plainf:id:tehihi:20160429223803j:plain


 まあ、あくまでリカバリが間に合うというだけであって、負ける度に不利な状況に傾いてってるのには違いないんだけど。


MP3はMP3というだけでそこそこ強い。MP1はMP1というだけで相当なハンデ。

 先に書いた、「動かれても大丈夫そうなやつを殴る」だけど、一転して相手がMP3だと大丈夫なシーンが少なくなり、むしろ即死する危険性さえ増してくるリスキーな相手になる。
 MP3という移動力はそれだけでこのゲームの切り札になる強さ……とはいえそれだけにルーレットでの出目にミスが目立ったり、白技の威力が控えめだったりと、反撃で相手を倒しづらい性能になっているのもまた事実。
 そのへんはゲームバランスとしての兼ね合いでしょうな。

 一方でMP1。MP3の利点と欠点をひっくり返したようなものだけど、それに加えて、いざというときに通せんぼしづらい……という勝敗に直結する弱点も。
 デッキにMP1を入れるときは相応の工夫と戦略がなければ、ただ足をひっぱるばっかりなのは意識しておくべきでしょう。

f:id:tehihi:20160429223940j:plain


 

白技使いの本当の強さ。

 プラスパワー等の効果を確実に発揮できるので、これを使用すれば同じく白技偏重のポケモンにかなり高い確率で勝てる。
 と、一言で言える強さを持ってます。シンプル。

 ここで大事なのが、プレートは一部例外をのぞき、攻撃を仕掛ける側にしか使えないということ。
 つまり、高い確率で勝てる、という状況は、先に攻撃を仕掛けた側にしか与えられない

 ついでに状態異常になった相手をより確実に退治できるのもアタッカータイプのポケモンやね。
 紫技に弱く、はがゆい思いを味わうことの多いのが白技ポケモンだけど、盤上から敵を排除できるという点ではやはりこのゲームの主役たりえる存在。
 まあ同じことができる紫技もちらほらあるけどー。


オニスズメどうすんのよ。

 公式。
www.youtube.com




 とか色々ー。細かく書いていくとキリないので結局は習うよりなれろですかねー。
 それでは、ダブルチャンスのコストが2になってくんねえかなとお空に祈りを捧げつつ、さようなら。