Koume of the NecroDancer ?

白坂小梅は、誕生日の前の夜に夢をみた。 洞窟っぽいけれど、どこか親しみやすい死臭を嗅げば地下墓地以外には思えなくなる。 自然解凍にほど近い体温に胸をさわると、心臓が動いてない。けれど、沸き上がるように響く音楽の、そのリズムが代わりに体を動かしてくれる。 ちょっとかわいい怪物たちも、みんな同じリズムでお…