書評話、

バーナード嬢曰く。の書評のよな神林しおりへのラブレターのような。

創作上の文学少女に苦手意識がある。 ここでいう苦手意識ってのは「職業ものマンガは実際にその職業に従事している人間にとってはちょっと読みづらい」話に通じる気がする。現実と創作との差違にいちいち引っかかってしまう。これを書いている人間は古書店手…